ビットコインの取引所と販売所 - ビットコイン取引所ガイド

HOME » 取引所について » ビットコインの取引所と販売所

ビットコインの取引所と販売所

ビットコインの取引所というと、新規にビットコインを購入するときによく使われる場所ですが、これと似たような場所に販売所もあります。
これらの違いを知ると、取引所のことがよりよくわかりますから、これら2つについてご紹介しましょう。

まず取引所とはどんな場所かというと、ビットコインの個人売買ができる場所になります。
ここには個人的にビットコインを売買したい人が集まっていますから、買いたい人は売りたい人からそれを買います。
逆に売りたい人は買いたい人にそれを売るのです。
これら取引を取引所の方で仲介してくれるため、個人的な売買に慣れていない人でも簡単に取引ができます。
これが取引所になります。

これに対して販売所とはどんな場所になるのでしょうか?
ここはビットコインを業者が販売している場所になります。
その業者の方で大量のビットコインを仕入れていますから、これを購入希望者に売っている形になるのです。
スーパーで商品を買うのと似たような形ですね。

簡単に取引所と販売所の違いをご紹介すると、このようになります。
どちらでもビットコインを購入できることに変わりはないのですが、購入する相手が誰なのかが違うわけです。
どちらでも購入にかかる手間は軽いのですが、取引所の場合はあくまでどこかの個人からビットコインを購入するのに対し、販売所は業者から購入することになります。

このような違いを知ると、取引所よりは販売所の方が利用しやすそうに見えますよね。
個人間売買よりは、業者から何かを買う機会の方が多いでしょう。
実際に利用の手間がより少ないのは、販売所の方だといわれています。
そのビットコインのレートは販売所を運営している業者の方ですべて決めていますから、そのレートでお金さえ払えば、すぐにビットコインが手に入ります。
手続きの中で迷う点も少ないですから、はじめてビットコインを購入する人でも安心です。

これに比べると、取引所の方では気をつけたいことや考えたいことなどいろいろありますが、初心者の人でも十分対応できるレベルです。
こちらでは業者からビットコインを買うことはありませんが、その業者の方でビットコインの売買についてサポートはしてくれます。
取引相手を探すことや、お金とビットコインの引き換えなど、本当に個人間で売買するとき、かなり神経を使いやすい部分については、業者が代わりにやってくれるのです。
利用者は好きな取引相手を選び、所定の方法にそって手続きをするだけで、安全にビットコインを購入できます。
このようなことから、初心者でも取引所の利用はできますが、販売所と違って個人間の取引になることはよく確認しておくといいでしょう。