ビットコイン取引所での登録 - ビットコイン取引所ガイド

HOME » 取引所について » ビットコイン取引所での登録

ビットコイン取引所での登録

ビットコインの取引所は誰でも使えるのかというと、ユーザー登録が済んでいる人なら、誰でも使えます。
そのユーザー登録とは何かというと、その取引所に一定の情報を申告し、口座などを作ることです。
取引所で実際にやる取引では、この口座が必要です。
これを作るためには、事前に登録を済ませないといけません。

登録のためには何をしたらいいでしょうか?
費用などは必要ないのですが、ユーザー登録のために個人情報の申告が必要になります。
氏名や住所、生年月日といった情報ですね。
これらを申告するとユーザー登録が完了し、専用の口座も作られます。
以降はそちらに現金やビットコインを入金できるようになり、取引所での取引もできるのです。

このようなユーザー登録ですが、個人情報をただ申告すれば終わりではなく、身分証明書の提示がよく必要になります。
運転免許証を持っている人は、それで十分です。
持っていない人は、ほかの証明書類として、健康保険証、パスポート、住民票の写しなどが必要になります。
これらはどれか1つあればOKですが、どれか1つは必ず必要です。

そして身分証明書として使える条件として、有効期限と、記載されている住所も大事です。
運転免許証や健康保険証など、日常的によく更新される証明書類ですよね。
その他の書類でも、一度発行されれば生涯有効ではなく、一定の期限があります。
その期限内の書類でないと、取引所でのユーザー登録時に身分証明書類として使えません。
これは要注意です。

また、有効期限内の書類でも、記載の住所と現住所が一致しない場合、やはり身分証明書として使えません。
転勤が多くてよく引っ越す人など、運転免許証の住所変更が追い付かないこともありますよね。
提示した身分証明書の住所が現住所と違う場合、やはり身分証明書として使えませんから、注意してください。

なお、申告する住所を身分証明書の住所に合わせるといった方法も、あまりおすすめではありません。
ユーザー登録の最後の手続きとして、転送不要郵便が送られたりするためです。
現住所を申告していない場合、この郵便を受け取れないため、ユーザー登録が終わらないのです。
そのため、現住所が記載されていない身分証明書を使い、以前の住所などで登録するのは、あまりおすすめではありません。
きちんと現住所を申告し、その住所が記載されている有効な身分証明書を提示すると、ユーザー登録が終わり、ビットコインの取引所を使えるようになります。
簡単な手続きですが、これが終わらないと取引所も使えませんから、早めにやっておきましょう。