ビットコイン取引所での口座の開設 - ビットコイン取引所ガイド

HOME » 取引所について » ビットコイン取引所での口座の開設

ビットコイン取引所での口座の開設

業者でビットコインを売り買いするよりもお得になりやすいのが、取引所での売買です。
ビットコインの運用に慣れた人など、できるだけこちらで取引したいことも多いでしょう。
この取引所の利用に特別な資格や経験などは必要ないのですが、口座の開設の手続きは必要になります。
いつでもこちらを使えるように、開設手続きだけやっておくこともおすすめです。

ここで開設する口座とは何かというと、ビットコインの取引をするためのものになります。
実際に取引するときは、ウォレットという専用の口座が必要です。
これは個人のPCやスマホにも作れるものですが、取引所で取引をするときには、この取引所専門のウォレットを作らないといけません。
それがこの口座になります。

開設の手続きはそれほど難しくありません。
その取引所で口座の開設の申込みフォームがありますから、それに沿って利用の申請をすればいいだけです。
申請が通ると、その取引所に口座が作られます。

なお、この口座はインターネット上に作られる形になります。
クラウド型のウォレットとも言えるかもしれません。
そのため、PCやスマホなど、異なる複数のデバイスからアクセスして、ビットコインの売買などができます。
その代わり、インターネット上にウォレットがある形になるため、セキュリティのリスクは比較的高めになります。
この点はよく注意が必要です。

セキュリティ上のリスクが少しあるというと、少し不安かもしれませんが、これらビットコインの取引所を使うには、この専用の口座が必ず必要になります。
なぜかというと、この口座に入っているビットコインや現金を業者がそれぞれ送金することで、取引を希望している個人同士が顔を合わせたり、チャットなどしたりせずに、ビットコインの売買ができるからです。
そのため、取引所を使う際には、この口座を必ず作らないといけません。

ただ、開設手続きが終わった後、この口座は常時使わないといけないわけではありません。
取引所を使うときだけビットコイン等を入金し、取引が終わったら自分のウォレットにそれを出金するといった使い方でもOKです。
むしろインターネット上に口座があるということで、取引のときだけ使う人も多いです。
このように口座を開設した後、どのように使うかは個人の自由です。
ただ、取引所でビットコインの売買をしたいときは、専用の口座の開設が必須になるのが基本ですから、まずはこの口座を作るところから始めるといいでしょう。